発明家 道脇 裕さん

 

世界で初めて“緩まないネジ”を発明した方です。

多くの人にとってもそうでしょうが、

僕にとってのスーパーヒーローです。

嬉しい事に僕は道脇さんと同じ77年生まれです。

どうしても、この方をブログの始めに載せたかったのです。

 

世界で初めて“緩まないネジ”を発明。

 

誰も出来なかった事に挑む。

しかも世界中の人が出来なかった事です。

それを、出来ると思ってやる。

とてつもない事です。

 

NHKのプロフェッショナルに出演された回は何度も見返しました。

その中での言葉、僕の心に強烈に残っているもの。

 

「自分の為だけだったら、存在する価値はない。」

 

この言葉、

道脇さんから発せられると、計り知れない壮絶さがあったと想像します。

そして、仕事に対する想いを強く感じます。

 

緩まないネジを発明した時、

誰も出来なかった事をどう考えて答えに辿り着いたのか。

 

道脇さんの言葉です。

「従来の常識の外側に答えがある。

専門家とか、すごい技能のある人とかすごい研究の腕の立つ人とかが

さんざんやってきて見つからないんだったら、その中には答えがない可能性が高いですよね。

要は常識という枠の中には答えがない。

であれば常識の外のものを持ってきたほうが早い。」

 

この言葉には特に強い感銘を受けました。

 

他者を否定しない姿勢です。

他の研究者を肯定しているからこその答え。

他の研究者が正しいからこそ、そこは根こそぎ研究されていて、

だからこそ、そこには考える余地が無い。

 

この他者を敬うような捉え方こそが、心髄だと思うのです。

敬う事そのものが、とても合理的な道だと思います。

自分も見習い、先人を敬い鍼施術を追求していきたいと思います。

敬い優しさを持つことが、鍼施術の効果を上げる事だと信じています。