『腰椎圧迫骨折』

腰椎圧迫骨折 80代 女性

診断名は圧迫骨折でした。

症状は寝ていても座っていても痛みが酷く、寝ていて起き上がるのに1時間が必要でした

起きようとすると身体全体に痛みがはしり、又力が入らずとにかく苦痛の寝起きの日々でした。

最初はタクシーでの往復だったけど少しの段差があると身体全体に痛みがあって、ものすごく苦になっていましたが4回目の治療をして頂き帰ろうとした時とても気分が良く、歩いて帰りますと先生に申しましたら、まだ早いからと止められたけど思い切って歩いて帰り大丈夫でした

今では往復40分位かけて(治療をして頂けるのを楽しみに)元気で通っています。

先生にお願いしたい事が一つ丈あります。それはもう少し治療時間を短くして頂いて、睡眠時間をせめて6時間位はとって欲しいと思います。

患者を見守って下さいませ。

 

 

三浦から)

圧迫骨折は一般的に予後不良といわれています。

ですので、より慎重に行う必要があります。

そしてクッションの役割は椎間板だけでは有りません。

周囲の筋肉の拘縮を解く事で大きな衝撃緩衝の役割を果たす事と思います。

 

いつも僕の方が優しく見守って頂いています。

心より、ありがとうございます。