諸外国の対処方法

前回のブログ、、、もう一ヵ月以上前ですが(^^;)

世界では手術の件数が大はばに少ないとお伝えしました。

では、

どうやって外国は対処しているのか?

 

それは、ふたつです。

もう、すでにご存知の方も多いと思いますが、

 

【筋肉のトレーニング】と【カウンセリング】です。

 

まず、【筋肉のトレーニング】

 

これは、よく分かります。

このブログでもうざい程、言っています。

 

やはり原因は筋肉ですので納得です。

 

外国は、筋肉という事に気が付いている上に、

 

積極的な対応もしているのです。

 

やっぱり外国って先進でスゴイと改めて思います。

 

(筋肉を柔らかくする事に関しては、

やはり鍼治療が最強だと勝手に思ってはいますが(*^^*))

 

そして、

次によく出てくるのが【カウンセリング】

 

椎間板ヘルニアの症状を治すのにカウンセリング??

という様なイメージを以前の自分は持っていました。

しかし現在は、

その重要性に少なからず気付いています。

 

筋肉をカタくする一番の原因は

動作でも、

姿勢でも、

猫背でも、

なく、

 

“脳の緊張”です。

 

一旦、固まってしまった筋肉は物理的に柔らかくするしか有りませんが、

脳の緊張を解くことが、新たに筋肉を固まらせないという事に繋がります。

例えれば、水道の元栓を閉めるというような事になります。

日本には、以前から

「病は気から。」

という言葉があります。

 

その大事さを

日本よりも外国の人の方が気付いているような話しです。

 

日本の場合は、「病は気から」を

ネガティブな時に使うことが多いように思います。

ただの気持ちの問題。

とか

気の持ちよう。

とか

考え過ぎ。

とか

 

しかし、

本当は、潜在意識や脳に深く影響するもののようです。

 

「病は気から」の重要性をわかり、

ポジティブに

カウンセリングで対処する。

 

外国の対応は、これもまたスゴイとしか思えません。

 

まとめ

・原因の元栓を閉めるには、脳の緊張を解く。

・固まってしまった筋肉は、物理的に解消させる。

この2つが、解決への道です。

 

 

写真は、お正月のもの。(半年も前ですね(^^;))

成田エクスプレスです☆ 

憧れの成田空港直行便です、乗る機会は今までは一度も有りませんでした。

そして、天下のJR成田エクスプレスが、私鉄である、愛する(笑)我が富士急行線に乗り入れてくれたのです。

富士山が世界遺産になり、外国人観光客の方の需要の高まりがその理由のようです☆

富士吉田駅(現富士山駅)に、まさかこの電車に乗って来れたことは、すごく不思議な思いでした。

電車内は、色んな国の方々で『世界の車窓から』のようでした(*^^*)