『三浦さん、この方法は広まらんよ』

 

こんにちは 院長の三浦ひろゆきです。

 

先日の患者さんとの会話です。

 

香風堂に来て下さる、  Aさん。

この患者さんは40年来の腰痛、坐骨神経痛の持ち主です。

 

40年の間には様々な施術を体験されていて、施術や施術を受ける側のプロのような患者さんです。

 

そして、香風堂に来て下さる直前まで、整形外科に入院されていました。

 

激痛のあまりにトイレに這って行く事も出来なくなり、入院となったそうです。

 

さすがに入院するほどの症状と、40年モノの腰痛ですので手強かったのですが、結果として腰痛、坐骨神経痛ともにゼロにすることが出来ました。

 

あれから約3年経ちますが、現在も痛みは出ていません。

(その間、一度も腰に鍼施術はしていません。)

 

現在は、頚椎症(けいついしょう)による手のしびれを取り除くための鍼施術をおこなわせて頂いています。

 

冒頭の『三浦さん、この方法は広まらんよ。。。』とは、

先日、この患者さんが言われた事です。

 

けど、この言葉は僕にとって実は、ものすごい褒め言葉なんです。

 

これはどういう事かと言うと、

 

世間一般で言われていることと違うことが、香風堂の鍼施術では起きているという意味なんです。

 

腰痛や神経痛の原因が“筋肉の凝り”という事を、みんなが理解しないだろう。

という事なんです。

 

実際に施術を受けた人じゃないと信じない。

 

けど、この施術をしているのは今のところ、少ないから世間の人は知るはずもない。

 

だから、自分が良いと腰痛の知人に説明しても

「たまたま良くなったんだろう。」

「元々、そんなに悪くなかったんじゃないか?」

などと言われ全く理解して貰えない。

 

そう仰って下さっているのです。

僕が感じているジレンマをこの患者さんも共感して下さっているのです。

 

それ以外にも、香風堂で良くなった患者さん達は、皆さん同じように想ってくれています。

“本当に単なるコリが原因”だと、そしてそれを皆さんに伝えたいと。

 

だから<患者様の声>で、僕と写っている顔写真の掲載も快く受けて下さっているのです。

当然、皆さん出たがりでは有りません!本当は写真が嫌な方が多いと思います。

けど、未だ痛みやしびれで苦しんでいる人のためになれば!

という想いで賛同して下さっています。

自分の為、お客さん、患者さんの為、今日もしっかり気合を入れて臨みます。