香風堂の強み🌠

こんにちは、院長の三浦ひろゆきです。

香風堂の強み。

それは、『患者さん』です。

香風堂に来てくださっている
患者さんの多くは、手術適応者や既に手術をした方々です。

香風堂で善くならなかったら、関西の病院で手術をする手はずの方もいます。

そして、頚椎専門のお医者様から手術が不可能と言われ方も居られます。

ちなみに、手術が不可能と言われた患者さんも、鍼施術で順調に回復しています。
しかし、その患者さんの以前の状態は一分一秒が我慢できない状態でした。
首の痛さや、
手指のしびれが酷く、
箸も落としてしまったり、
車の運転も出来なかったり、
携わっている僕まで落ち込むような酷さでした。
現在は一週間、全く痛くない状態にまで成れました。

本当に患者さんも僕も、、、頑張ったと思います。

こういった難しい症状の方々とガチンコで勝負する為、
毎回、集中して鍼施術を行います。

施術の最中、楽しくお話しをさせて頂くことも有りますが、僕はお話しした内容を直ぐに忘れてしまう事が本当に多くあります。

施術を受けて下さっている患者さんは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

自分でも驚くほど忘れてしまうのです。
(すみません(^^;))

けど、各々の患者さんの鍼施術で得た数㎜の筋膜や筋肉の感触は忘れません。

1週間は当然ですが、多分2年くらいは忘れていないと思います。

忘れるどころか、頭に焼き付いて離れないような感じです(笑)

それだけ難しい症状の患者さん達。

では、そもそもどうすれば、そんなに症状は酷くなるのか?

多くの場合は、仕事を限界まで頑張るから体も限界まで悪くなるのです。

症状の酷い方は、仕事を極限まで頑張る人が多いのです。

そして、仕事を限界まで頑張れる人は、優秀な方が本当に多いのです。

その方々から、
優しさ、
心構え、
様々な知識、
僕の仕事に応用出来そうなヒント

そして、時には僕の悩み事まで聞いて頂く事が有ります。

本当に多くのものをご教授頂いています。

その意味でも、皆さんの力を頂いているのです。
まさに僕の強力なブレーンでありサポーターです。

僕が日常で唯一真剣になるのは、鍼施術の最中のみです。

そして、その真剣になる時に唯一向かい合っている相手が患者さんなのです。

強力なブレーン、サポーターが来て下さる香風堂。

自分にとって、非常に大切な場所です🍀

みなさんにとっても、そうで有ります様に🍀