名人でも「とりあえず20回」

こんにちは、三浦ひろゆきです(^^)/

数年前の話しです。

今に繋がる大きなきっかけとなった出来事です。

以前の僕は、

『鍼の名人とは、症状を1回か2回で治すもの』だと思っていました。

 

ですので、何とかその治療法を見つけ出して習得したい!と考えていました。

 

様々な方法を探していました。

 

しかし、

 

その様な方法はどこにも見当たりませんでした。。。

 

そんな時、一人の患者様との出逢いを頂きました。

 

その方は僕が最も尊敬する有名な鍼灸師さんのところに以前、通われていたのです。

ただ、

その場所が東京。

その患者さんは出水市から飛行機に乗り。

 

実に合計50回通われたそうです。

 

何故、そこまで通われたか。。。

 

一口にはとても語れませんが、

交通事故により身体の中枢神経系という人間にとって非常に大事な部分に損傷を負ってしまったためです。

 

脳と脊髄を満たしている液に異常が出てしまい、日常生活を送ろうとすると脳が揺れてしまうのです。

 

その為、布団から起き上がる事も困難という状態です。

 

普通に歩く事も出来ない。

ましてや飛行機の気圧にも耐えられ無いような状態で通われたのです。

 

表題の話しに戻ります。

 

その鍼灸の先生は「とりあえず20回来るように」と仰ったそうです。

 

それは、当然といえば当然かも知れません。

 

状態がそうなので、むしろ、よくお引き受けになられたなというレベルだと思います。

 

ただ、それまでの僕は

名人なら数回程で治せてしまうものだと思っていたのです。

 

この名人の先生が言われた、

“とりあえず20回”という事が、

僕にとって、とても大きな気づきになりました。

 

自分の中の“名人”の定義が変わりました。

 

魔法の様に何でも直ぐに治せる人が名人。

から、

しっかりと状況を把握して、計画を立てて、実行出来る人。

という風に変わりました。

 

前提として神業といえる程の技術が不可欠ですが、その技術だけに寄っている訳では無いという事が分かります。

そして、

有りもしない魔法を探すのでは無く、

 

今やっている事の先に、そういう道が有るんだろうと確信を持てた出来事でした。

 

それから数年が経った現在も、日々の仕事を通じて多くの患者さんから成長させて頂いています。

 

“神業”を持てる様に一歩一歩、一秒一秒を大事にしていきます☆