スピード

速度は

加速時や減速時など変化している時しか体感できない。

新幹線に乗っていても飛行機でも、
速さを感じるのは最初と最後だけ。

その後は動いていても、止まっていても、よく分からない。

それと同じようなことを色々な場面で感じます。

スマホや薄型テレビが出て来た時。

とっても感動✨しました。

けど、びっくりする位
あっという間に順応し慣れてしまっています。

腰痛も同じことでは無いか。

腰痛が消えても、その時だけが歓喜の時。

その後は腰が痛く無くなっても、それが既に当たり前になる。

そして、腰痛に代わって他の場所の痛みを感じる様になるだけでは。

その分、

肩を痛めたり、頚を痛めたり。

だから、

腰痛を消す事に意味が有るのか?と考える。

そして、

腰痛というシグナルのお陰で行動に抑制がかかるのが、

痛みが無いとは、いわばリミッターが無くなる様なもの。

腰痛が無くなった後、

ご本人の意識が高くないと、

痛く無いからと今まで以上に無理をすると、

腰痛以上の怪我や病気になる可能性もある。

一体、その人は幸せになるのだろうか?

そう考えると、

幸せに出来るのは結局のところご本人しかいない。

治ったと感謝されるのは、非常に嬉しいが。

結局、自分も常に自分の仕事の意味を永遠と考える。

自分ごときが、痛みの全体像を語るような大袈裟な話しになってしまいましたが、いつも疑問を持ちながら施術している。

これは結局、『何のために生きているのか。』というテーマと似ている様に思う。

どちらも、その答えに近づきたい為に行っているのだろう。

このたまに、自分の中に湧いてくるポエムみたいなもの。

これを正月明けの、おかしなテンションでホームページに載せる。

2019年のテーマは、ありきたりですが、『感謝とチャレンジ』

こんな投稿も実験的チャレンジ。

 

 

 

今日は、子守と読書とミーティング。

妻から勧めて貰って、今読んでいる本、、相当に、最高に、佳い☆