『バース・トラウマ』

『バース・トラウマ』

この言葉は、人生の師と慕う方から教えて頂き始めて耳にした言葉です。
これは、赤ちゃんが母の胎内から旅立つ時に受ける“トラウマ”のことです。

いろいろなトラウマが生まれるのも、

元を考える時、このバーストラウマが在る様です。

 

ここからは僕の勝手な解釈です。

このトラウマが在るのは、人間の全ての行動の源である“恐れ”を認識させる為なのでしょうか。

それは、このトラウマを源に自分と他者や他物の区別をしているように思うので。

 

そして、それを今度は宇宙サイズで考えた場合。

バーストラウマに匹敵するのが、

130億年前のビッグ・バン、その後の宇宙に存在する様々なものが影響を及ぼされている事でしょう。

言い換えれば、ビッグバンこそが全てのバーストラウマの源。

金属も植物も動物も、エイリヤンやウィルスでさえも故郷は一緒。

という事は、それらは全て兄弟。

自然、ナチュラルと化学物質や公害も兄弟姉妹。

自分と他の区別など元々無い。
だって、ビッグバン以前の「無」が有である全てのものの故郷だから。

悟りを求めたり解脱を求めるのは、
いわば「無」

故郷への回想、回帰だと思うのです。

人は故郷を知っている。

無の状態を知っている人は存在する。

良いとか悪いとか、
幸せとか不幸せの概念を越えたところに在る。

そして、

トラウマ

トラウマが負のエネルギーの源。
であるのと同時に、

正のエネルギーの源であり。

トラウマこそ愛すべきもの、

そして憎むべきもの。
自分も他人も故郷は一緒。

物質も一緒。

元素も何もかもが一緒。

すべては自分の心がけ次第なのですね。

 

新年も絶賛、オカルト狂想曲状態です。

ひとから見たら怖い奴、ヤバくて痛い奴でしょうねー(^_^;)

けど、

『無』とは怖くて恐ろしくて痛くて寂しいものなのです。

と開き直ります(笑)

 

今年も変なことばっかり書いて行きます。

こんなブログをいつも読んで下さっている方が居られれば感謝しています☆