野球を観ていて思ったこと。

息子の少年野球を見ていて思う事が有りました。

野球って何で楽しいのか?

なんで、色々なドラマが生まれるのか?

そもそも何を楽しいと思うのか。

そう思った時、他のスポーツもそうですが

やっぱり絶妙に設定された仕組み、ルールを考えてしまいます。

何でマウンドからの距離が16メートル(注※)なのか?

何で塁間が23メートル(注※)なのか?
注※ 軟式学童の場合

そして、

何で9人でやるのか?

それはやっぱり、

面白くなる絶妙な値だからでしょう。

人が興奮する絶妙に調整された値だから。

言い換えれば、絶妙に焦る値。

失敗したらどうしようと怖くなる値。

緊張する値。

恐怖の裏返しが喜びだからでしょう。

ただ、

それって自分自身が勝手に作り出している恐怖なんですよね。

本来は、

走ればまあまあ、間に合うようになっている。

まあまあ、打てるようにもなっている。

必ずストライクに3回は来るのだから。

3回はチャンスがあるのだから。

けど打てなかったり。

変なところにボールを送球してしまったり。
自分の頭で作った恐怖に苛まれるんですよね。

 

その恐怖を克服する

一番のカギは、

やっぱり楽しむこと。

楽しむためには、人を信頼する事。

許すこと許される事。

最後、急な展開の文章になりましたが、

結論、恐怖克服のカギは、

「許すこと」

ではないでしょうか。

許せば、許される。

許されれば、楽しめる。愉しめる。

そう思った今日でした。