MMTと椎間板ヘルニア

昨今,話題になっているMMT(現代貨幣理論)。

コロナ渦の今、特に話題に上ります。

このMMTの状態説明と似たような事が、
椎間板ヘルニアでも言えると思います。

MMTとは経済的な概念です。正確な情報はネットで探して下さい。

何が椎間板ヘルニアと似ているかとかと言うと,

その概念です。

今まで当然、正しいと思って来たこと。
疑問すら持たないレベルで当たり前だと思って来たこと。

そこに一石を投じたのです。

人によっては天動説と地動説を準えるレベルの話しです。

このMMTの議論は非常に面白い話しです。

僕的に簡単に説明します。

例えば、日本。

政府が国債を出します。

銀行が買います。

企業にお金を融資します。

お給料が払われます。 

といった具合にお金が廻ります。

問題は、大もとの国の借金である国債はいずれどうするのか?

国債が溜まってしまわないのか?

どこまで国債を出せるのか?

財政破綻しないのか?

誰が最終的に払うのか?

税金か?

将来、自分の息子達が払うことになるのか?

 

answer

:ざっくり云うと国が買い取るのです。  

 

と言うことは、自分で作った借金を自分で償還するのです。

 

すごい話しです。

ここでのポイントは、
そもそも他者からの借金では無いのです。

他者から借りていないのです。

と言うことは、

そもそも借金など無いのです。

だから、 
いくら借金しても破綻しないのです。

というのが、現代貨幣理論(MMT)です。

キツネに化かされた様な話しですが、
まったくその通りじゃないでしょうか。 


但し、
MMTの肝は「信用」です。
信用が成り立つ社会だからこそでき得るシステム。

そして椎間板ヘルニアや、
脊柱管狭窄症、
腰椎分離症、
腰椎すべり症、

僕はこれらも同じ話しだと考えています。 

世の中の人は医療機関じゃないと改善しないと思っています。

それは常識で考えればその通りです。

ただ、

これも同じように

椎間板が無罪だとしたら?

脊柱管の狭窄が無罪だとしたら?

腰椎の分離が無罪だとしたら?

ここにも常識とは違う事も
現実にあるのです。
香風堂の施術方法を知って下さい。

体験して下さい。

常識だけでは無いことを証明します。

 

今、世の中はコロナの渦中で大変な状況です。

JPモルガンによれば6月から経済的な動きが出ると予測されています。
日本もそれに準じていける状況になる事を期待しています。

何とか乗り切りたいと願います。