院長のプロフィール

三浦 大幸

(みうら ひろゆき/『はりきゅう療院 香風堂』院長)

腰痛疾患・坐骨神経痛疾患で苦しんでいる患者さんを改善させたい!

諦める前に「痛み・しびれ」が改善出来る事を知らせたい !!

香風堂オリジナルの鍼施術が

完璧に出来た場合、

とてつもない効果を、

患者さんにも

そして施術者にも与えてくれます。

略歴

1977年

山梨県生まれ

2000年

神奈川衛生学園 東洋医療総合学科卒業

2005年

妻の郷里である鹿児島県出水市にてはりきゅう療院『香風堂』を開業

2007年

現在の施術法の基である理論と出逢う。

 

【国家資格】

・鍼師免許 ・灸師免許

・按摩マッサージ指圧師免許 

【民間資格】

・日本商工会議所 

 簿記検定1級(第105回87点)

メンサ会員 

人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利国際グループである。

・BMI IQ-test

 :score 135

 

人柄

〖性格〗

 自分が納得するまで諦めない。

「解決しないと気が済まない思考の癖」が独自の鍼施術法を確立した要因に

〖ほっとする時間〗

 仕事終わりのコーヒータイム

〖プライベート〗

2男児の父、

趣味は お笑い観賞・マジック観賞スニーカー観賞

*****

一般的に手術でしか治せないと思われている「身体の痛み・しびれの症状」

他の施術院や医療機関にさえも無い

”事実”が香風堂にはあります。

 

山梨県で生まれ育った私が、妻の郷里である鹿児島県出水市で鍼灸院『はりきゅう療院 香風堂』を開業して14年が経ちました。

この間の中で患者さんの危機迫る痛みやしびれの症状と真剣に向き合ってきました。

10年前に現在の施術の基となる理論と巡り合ってからは特に、日々の業務と並行し、寝食を捨て必死に勉強や練習を繰り返しました。

現在は、納得のいく香風堂独自の鍼施術の方法を行えています。

 

何が独自かというと、鍼を打つ位置です。

他にも同様の筋肉に鍼を打つ施術者の方は大勢いるのですが、

私が行うポイントは一般のものとは位置が違います。

追究していった結果そうなりました。

そして、

腰の大事な筋肉には脊柱起立筋・多裂筋・腰方形筋・腸腰筋というものが有ります。

これらの筋肉に正確に鍼を当てる事も本来は難易度の高い話し、、、

なのですが、実際は当たっただけではあまり効果は期待出来ません。

なぜなら、

それらの筋肉の中でも効果が出るのはごく狭小の限られた部分だからなのです。

そして、その部分に毎回正確に鍼を当てなければ十分な効果を出すことは出来ません。

更に厄介なのが人によってそのポイントが結構、違うのです。

 

難易度を「ボーリング」で例えると、

毎回、1ゲーム(10フレーム)のうち、8回ストライクを出さないといけない感じです。

ストライクを毎回80%取った上で、

ボールを投げる角度、描く軌道まで同じように投げなければなりません。

結構な難易度だと思いませんか? 

 

鍼を打つ時に狭い場所に的確に、そして前回の軌道をトレースが出来るか否か。

ここまでのポイントが完璧に出来た鍼施術は、

 

”とてつもない効果を患者さんにも、そして施術者にも与えてくれます。”

 

このピンポイントへ辿り着くまでには、

洞察と感覚をフルに発揮しなければなりません。

正直、難易度が高いので毎回、精神がすり減る感覚です。

実際に今までに二度、小さくない体調不良に陥りました。

 

正確に行えなければ、その日は殆ど意味の無い施術となってしまいます。

自分の持てる力の全てを駆使して、痛みやしびれの解消を実行していくのです。

個人的なことになりますが、開業してしばらくは鍼灸や自身のことをどこか低く評価していました。

けれども、今では自分の人生をかけて伝えたい“本当に人の役に立つ技術・理論”を持っていると自負しています。

たくさんの患者さんの身体に触れ鍼灸と向き合ったこの14年間で、鍼師としても人間としても大きく成長させてもらったのです。

だからこそ、必死に磨いた私のオリジナルの施術法を用いて、痛み・しびれで悩んでいる方とこの先も全力で向き合って行こうと覚悟を決めています。

身体の痛み・しびれで悩み闘っている方は、是非『香風堂 痛み・しびれ専科』までご相談ください。

【志命】

一般的に手術でしか治せないと思われている、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)による、痛み・しびれの症状を,

独自の鍼施術の方法を用いて解消させる。

 

1.多くの患者さんに鍼施術を行い、解消させる。

2.その解消するという事実を多くの患者さんに知らせる。

 

それが自分の考える責務であり、志命だと考えています。