%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%ad%e3%82%b4

変形性膝関節症でお悩みの方へ

こちらの症状に関してのみ、当鍼院では手技による施術を行っています。
「元に戻らない」と思われがちな変形部分も、組織、軟骨などに働きかけることによって、元の柔軟性を取り戻していきます。

鍼灸師 三浦 大幸

―変形性膝関節症、なぜ、手技治療なのか?

当鍼院の治療は基本的に鍼治療による施術です。
しかし、この変形性膝関節症のみ、手技で行います。

鍼治療が苦手な方でも気楽に受診して頂けます。
但し、鍼治療で行わないのは、鍼治療が苦手な方の為という訳ではありません。

“変形性の膝疾患” の場合に限っては、
鍼治療よりも手技療法の方が合理的、かつ効果的な施術を期待できるからです。

全ては、「回復のために」です。

―変形してしまったものは治らない?

変形性と聞くと、「元に戻らない」と考えるのが普通ではないでしょうか?
変形していても、改善する場合は多々あります。
実際に、痛みもなく、健やかな日常を取り戻して居られる方がいらっしゃいます。

変形しているものの多くは、結合組織、軟骨 などの部分です。

これらが変形すると、思うように膝が曲がらなくなってしまいます。
さらに、無理に曲げようとして、激痛が生じたり、水が溜まったり…。

しかし、「結合組織」「軟骨」「靭帯」「腱」を細かく丁寧に診ていく事で
多くの場合、実際に膝関節は曲がるようになります。

膝が曲がるようになれば、痛みや炎症は生じません。
変形してるからと云って、諦める必要はありません。

膝の場合もMPSを改善する事で、思った以上の効果が期待できます。

※しかし、リウマチによる変形の場合は除きます。
慢性的な炎症が生じている為、対応出来ないケースが多いのです。
現段階では対応出来ませんが、今後対応出来る期待を持って取り組んでいます。

%e6%a4%8e%e9%96%93%e6%9d%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%97%9b

香風堂 院長/鍼灸師 三浦 大幸

香風堂 院長 三浦 大幸

昭和52年山梨県生まれ
鍼師 灸師 按摩マッサージ指圧師
神奈川衛生学園 東洋医療総合学科卒
(社)日本鍼灸師会

メンサ会員
日本商工会議所 簿記検定1級