%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%ad%e3%82%b4

椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

「腰痛」・「坐骨神経痛」・「しびれ」などの症状を改善する場合、ヘルニア自体を改善する必要はありません。
それでも多くの場合、症状は改善します。
そして、椎間板ヘルニアは悪者ではありません。

鍼灸師 三浦 大幸

―ヘルニア自体が症状の原因ではない!?

腰痛・坐骨神経痛・しびれ―、
これらを改善するにはヘルニアとなっている軟骨部分の処置が必要だとお考えではないでしょうか? 

元に戻すか、切り取るか。
それが今現在の世の中の常識だと思います。
しかし、ヘルニア自体が症状の原因ではありません。

原因は「MPS(筋々膜性疼痛症候群)」です。

例え、ヘルニア自体を改善させてもMPSが解消されなければ、また痛みやしびれがぶり返します。
逆にMPSさえ改善出来れば、症状がぶり返す事は殆ど有りえません。

―MPS(筋々膜性疼痛症候群)って?

MPS(筋々膜性疼痛症候群)とは簡単に言うと  “筋肉の異様な凝り”  “筋肉の線維化”  です。

筋肉の凝り程度で、こんなにひどい痛みが出る訳がない、と思われるかも知れません。
しかし通常、想像する凝りとは異なる “異様な凝り”です。
実際に触れてみると、想像の範囲を超えた硬さになっています。
当鍼灸院にお出で下さった多くの方が、この“異様な凝り”の硬さを実感された時、驚かれます。

%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc3

肩凝りを想像された場合、その100倍硬いといったところでしょうか。
そして、そのMPSを解消させる場合に鍼治療は非常に有効です。
他のレーザー等の高度機械や徒手々技などでも出来ない事、
『直接、原因患部に触れる事が出来る』、これが当鍼治療の特徴です。

その場合「トリガーポイント療法」という方法を用いますが、当鍼院の場合は通常のトリガーポイント鍼治療とは少し違い、
インナーマッスルへのトリガーポイントに行う事を特徴としてます。
このインナーマッスルのトリガーポイントを的確に見極めることが、当鍼院の強みです。

現在、原因患部に触れられる治療は、
【トリガーポイントブロック注射】【トリガーポイント鍼治療】  のみだと認識しています。

―ヘルニア自体はどうするの? 放って置いて良いの?

答えは、ヘルニア自体は異常なものではなく、正常な生理現象だと、トリガーポイント治療の権威、加茂先生をはじめ、
多くの著名なドクターが述べています。

そのままにして置いても大丈夫!ということです。
びっくりされたでしょうか?
すべての人が、もともと標本の様に骨や軟骨が綺麗に整列されている訳ではないようです。
大切なのはまず「痛み」を取り除くこと、ぜひ当鍼院のトリガーポイント鍼治療をお試しください。

<補足>
但し、稀に手術が必要な場合が有ります。交通事故や重度の椎間板ヘルニアなどにより脊髄損傷を起こしていて、
膀胱直腸障害 (排泄行為が意識出来ない状態、よって勝手に排泄してしまう) という症状を呈している場合などです。
但し、実際は生涯のうちに、その状態の方とお会いするか解らないほど、本当に稀な症状の様です。

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%97%9b %e5%a4%89%e5%bd%a2%e6%80%a7%e8%86%9d%e9%96%a2%e7%af%80%e7%97%87

香風堂 院長/鍼灸師 三浦 大幸

香風堂 院長 三浦 大幸

昭和52年山梨県生まれ
鍼師 灸師 按摩マッサージ指圧師
神奈川衛生学園 東洋医療総合学科卒
(社)日本鍼灸師会

メンサ会員
日本商工会議所 簿記検定1級