天赦日

一昨日の11月1日は『天赦日』でした。

天赦日とは、

簡単にいうと、

年に数回訪れる最高の吉日だそうです。

それは僕にとってもそうでした。

その日まで知らなかったのですが、

最高の吉日となりました。

それは、

尊敬する四人の方と会えたから。

直接だったり、 

リモートだったり。

その方々とは、 

ひとりは、

まるで太陽の様な大きくて眩しい心を持っている人。

ひとりは、

とっても緻密なうえに俯瞰する事も出来る思考力を持っていて、さらには中庸な心まで持っている人。

ひとりは、

『愛』の塊の様な人。

そして、

一見かなりの奇人。

けど実は危険な程、純粋な心を持つ人。

僕からすると、まるでファンタスティック4。

皆さんに共通するのは、

誠実な心

その人達に出逢えた奇跡を改めて感じた日でした。

天赦日とは

日本の暦から由来している様です。

10年前の自分だったら、

『迷信』などと考えあまり気にしなかった様に思います。

けど、

今は全くそうとは思いません。 

そもそも

暦とは

時間の流れを把握するもの。

自分的には

引力の周期化、

とか、

エネルギーの周期化

みたいに思います。

天体の位置によって

いつもとは受けるエネルギーの割合が違うんじゃないかと思うのです。

その中で

この日は、

人間的に幸福を感じやすい周波のエネルギーを受ける日なのではないかと。

それは

例えば天体じゃなくても、

人間でも、

誠実な想い

優しい想い

これらの『想い』もエネルギーです。

目に見えないだけで『無』では有りません。

完全なる『有』です。その正体は、アミノ酸⁈ 炭水化物⁈

天から降り注ぐニュートリノみたいに、

見えはしない物質では無いでしょうか。

人も小宇宙ですから。

今年は11月17日に

もう一度☆

この天赦日が訪れる様です🍀

(※写真は出水市の竹灯籠です。)