人はなぜ戦争をするのか

 

人はなぜ戦争をするのか

 

物理学者のアインシュタインと
精神科医で心理学者のフロイト

このふたりの書簡のやり取りが記されています。

人間の根源的なものから、戦争を回避する方法論まで。

昨今のニュースを見ていると、約90年前に云っていたアインシュタインの方法論が
正しくその通りだという事に驚かされます。

そして、フロイトの云う人間の本質、性質も。

 

自分の考え方では、

最も身近なところで云えば、今朝の飲み物。

例えばコーヒーを選んだとすると、

お茶や水を選ばなかった事になります。
これは「選別した」という事になるのでしょうが、
自分的には大きくいえば、区別した。差別した。排除した。
と同様だと考えます。
日々、全ての事を、その瞬間、瞬間に選別、区別、差別している自分が居るのです。

戦争は完全に自分自身の問題です。